侍ジャパン、カナダ戦の先発は巨人山口俊とDeNA今永 建山コーチが明言
プレミア12に向けて最後の実戦となるカナダ戦「全員に投げてもらいます」

 11月2日に開幕する「第2回 WBSC プレミア12」に出場する野球日本代表「侍ジャパン」は28日、沖縄・那覇市内で2次合宿をスタートさせた。日本シリーズに出場していたソフトバンクと巨人の6選手ずつ、計12選手もこの日から練習に加わり、野手はシートノックやフリー打撃、投手はキャッチボールやサインプレーの確認などを行った。
 残り2日間の練習を挟んで、10月31日と11月1日には「プレミア12」に向けて最後の実戦機会となる「ENEOS 侍ジャパンシリーズカナダ戦が行われる。建山義紀投手コーチは28日の練習後に「1戦目は山口俊、2戦目は今永です」と明かし、31日は巨人の山口俊投手、11月1日はDeNAの今永昇太投手が先発することを明かした。
 カナダ戦の投手起用については「宮崎での試合とは意味合いが違う。カナダ戦では全員に投げてもらいます」と語り、13人の投手全員がカナダとの2試合で登板する予定だと語っていた。
元記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191028-00588368-fullcount-base(2019年10月28日フルカウント)
 

今永昇太投手が、プレミア12前最後の実践機会であるENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 「日本 vs カナダ」の二戦目に先発登板することが、侍ジャパンの建山コーチから明かされました。
1戦目10/31(木)
2戦目11/1(金)
いずれも、19時試合開始(地上波放送あり)

今永は、前回の練習試合で好投し、順調ぶりを見せていました。



また、全投手を起用することも明かされており、侍ジャパンでもクローザーを務める山崎康晃投手の登板も楽しみですね。