<メキシコ>12/21
・関根大気 一番センタースタメン
4打数1安打 1三振1盗塁1盗塁失敗 打率.294

関根は初回いきなり安打で出塁。
すかさず盗塁も決め、ノーアウト2塁のチャンスを演出。
結局この回は得点には至らなかったもののチームは勝利。
一日一善。いや二善。


・濱矢廣大 先発
5.1回1失点 被安打4与四球3 奪三振4 防1.44

以前、濱矢帰国と報じてしまいましたが、この日まで登板の予定があったようです。
先発した濱矢は、序盤からランナーを許しながらも要所を三振で締め、点を与えませんでした。
5回も2死1塁2塁のピンチを乗り切り、無失点で勝利投手の権利を手にしました。
しかし、6回先頭に四球を与え、続く打者に2塁打を浴び、ついに失点。
一死を取ったところで投手交代。
チームはリードを守り濱矢は3勝目。

<オーストラリア>12/22
・大貫晋一 リリーフ
5回1失点被安打4 無四球 奪三振8 防3.45

前日に阪口が先発した試合がサスペンデッドゲームとなり、
日を跨いで最初の投手として登板。
残っていた5回を1失点で投げ切りました。
チームも逆転し、大貫は勝利投手に。
一時は7点台だった防御率も3点台になりました!

・笠井崇正 リリーフ
2回無失点 被安打0与四球0 奪三振3 防5.40

サスペンデッドゲームの後、もともとこの日行う予定の試合に登板。
ビハインドの中、6回に登板。
チームの反撃を期待し、2回を無失点に抑えました。
なおチームは敗戦。

オーストラリア勢この日は良い感じでした!
ちなみに阪口はこれで帰国の予定。
最終登板では不本意な結果となりましたが、収穫もあったはず。
頑張りに期待しましょう。