logo_primary
323: 風吹けば名無し 20/04/19(日)13:44:39 ID:le.os.L4
「10分ブルペン」はナゼ。DeNA 大家友和コーチが語る練習方針の意図

 ブルペンでの投球練習は10分──。DeNAファーム(二軍)投手コーチの大家友和は、就任1年目からピッチングの時間を制限している。投げ込むのが半ば当たり前の日本プロ野球界では、なじみがない練習方針だ。そこにはどのような意図があり、どんな効果があるのだろうか。大家に聞いた。

ちゃんと考えて、制限があるなかでちゃんと練習をやりなさいというのが意図です。制限すること自体に対して、選手がどんな考え方を持ってくれても構いません。ただ、その考えが間違っていなければいいということなので、選手との確認作業は必要になりますね」

 振り返れば、日本プロ野球界においても、過去には同様の方針が打ち出されたケースがあった。今から17年前にトレイ・ヒルマンが日本ハムの監督に就任した時、キャンプ時のブルペンでの球数を制限した。その3年後に広島の監督に就任したマーティ・ブラウンは、まさに「1日10分、50球」に制限したのだった。

 両監督とも、そうした方針を一軍キャンプで課した。そのため、球数多く投げ込んできた実績ある投手のなかには戸惑い、物足りなさを感じ、疑問を持つ者もいた。ファームだけで課している大家とは異なる。ただ、大家自身、現役時代にアメリカで同じような経験をしたという。

「マイナーで最初の頃、『投げたいな』と思っても、止められていました。そもそも、ブルペンで投げることに対する考え方が違ったんです。当時、日本においては、ブルペンで高い評価を受けなければゲームで投げるチャンスも生まれない、という流れがありました。

 それがアメリカでは、ブルペンでいいボールを投げていたら『いい』とは言われるんですけども、必ずしもそれはいちばんの評価にはなり得ない。あくまでもゲームで対打者に投げたことによって評価できる部分というものが、おそらく監督やコーチのなかにあるんです」

 自ら首脳陣に評価基準を尋ねたのではなく、「ゲームでの投球を評価する」と言われたわけでもない。言葉には出さなくても、そういうものなのだと随所で示された。また、マイナーでは長時間バス移動後に即ゲームで登板、となるケースも多い。試合前の時間が少ないなか、ベストを尽くすために工夫を重ねたことも、ブルペンの時間制限につながっている。

「制限がないと好きなだけ投げてしまって、残るのは疲労感と間違った達成感です。だから、ファームの選手たちには、10分しかないなかでどう時間を使うかを考えてほしい。考えないで、数だけやっていたらいいという問題ではないと知ってほしいんです」



324: 風吹けば名無し 20/04/19(日)14:38:58 ID:Za.w9.L1
>>323
有能すぎて手離したくない

325: 風吹けば名無し 20/04/19(日)14:48:13 ID:bI.gz.L11
義理堅い性格だから自分から他所に行くことはないやろ
つまり球団次第やぞ

326: 風吹けば名無し 20/04/19(日)14:50:20 ID:rx.i9.L1
有能エピソードしか聞かないよなあ大家

引用元: https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1585996862/

 
1000: 管理人のひとこと 1998/10/08




ベイスターズ特化記事はこちら↓



色々な事に投票できるページです。
気が向いたら使ってね。投票作成もできます。