アクセスランキング

まとめたDe

ベイスターズ情報のまとめサイトです

    カテゴリ: ラミレス

    a2807a96
    1: 風吹けば名無し 2019/12/15(日) 20:49:57.21 ID:se+X88dW0

     DeNAの東克樹投手、山本祐大捕手が15日、横須賀市内の2軍施設「DOCK」で行われた「湘南ゼミナール野球教室」に参加した。

     小学生100人の前で打撃披露を行うなど参加者と触れ合った。質疑応答では「監督は怖い?」と聞かれ、東が「怖くはないけど、大人同士なので仕事の話では真剣に怒られたことがあります」と回答。
    山本は「結構怖いと思う。けどフレンドリーでファンサービスも凄いので、人間として見習うべきだと思っています」と話した。

     東は「楽しかったです。野球が楽しいと思ってもらえたらよかった」と笑顔。山本も「元気いっぱいだったので、僕が元気をもらいました」と貴重な時間を楽しんだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191215-00000214-spnannex-base

    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1576410597/

    雑談用のページをつくりました。
    ご利用いただけると嬉しいです。
    http://lovebaystars.com/archives/4278174.html

    【ラミレス、やはり恐怖政治をしていた…De山本「結構怖い」】の続きを読む

    ramirez20160101-thumb-450x300-115348
    1: 風吹けば名無し 2019/12/13(金) 06:06:49.52 ID:IT/nmz3Ta

     DeNAのアレックス・ラミレス監督(46)が12日、来季のレギュラーが確約されているのは宮崎敏郎内野手(31)、ネフタリ・ソト内野手(30)の2選手だけと明かした。

     「来年確実にレギュラーなのは宮崎とソトくらい。あとはすべてのポジションが競争になる

     今季43本塁打、108打点でリーグ2冠のソトは右翼、一塁、二塁のいずれか、打線の中軸を担いチームトップの打率・284の宮崎は三塁で確定。
    遊撃での堅実な守備で自己最多の137試合に出場した大和や、シーズン中盤までほぼ先発マスクの伊藤光については「多くの試合に出たが(来季の)レギュラーではない」と言い切った。

     筒香の大リーグ移籍が濃厚で外野は梶谷、神里、乙坂、佐野らが争う。内野は柴田、伊藤裕、中井、石川らが候補。指揮官は競争をあおり、チーム力の底上げを狙う。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191213-00000505-sanspo-base

    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1576184809/

    雑談用のページをつくりました。
    ご利用いただけると嬉しいです。
    http://lovebaystars.com/archives/4278174.html

    【ラミレス「レギュラー確定はソトと宮崎だけ」 】の続きを読む

    ramirez20160101-thumb-450x300-115348
    701: 名無しさん@おーぷん 19/12/11(水)23:04:10 ID:bq.q6.L6
    【2019総括・DeNA】ラミレス采配が奏功して躍進。課題は登板過多のブルペン運用と筒香の後継者

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191211-00010008-thedigest-base

    DeNA体制になって8年目となる今季、チームはリーグ2位となり初のCS本拠地開催を実現した。春先に10連敗して借金最大11を抱えながら、チームを立て直してシーズン後半は巨人と優勝争いを演じることができたという意味では、ラミレス監督の手腕は評価できる
    “奇策”と呼ばれ賛否両論のあったラミレス監督の采配であるが、防御率、打率ともリーグ5位、さらに安打数、犠打、盗塁にかぎってはワーストといった状況でこの成績だったことを考えれば、いかにして与えられた戦力で戦うのか、データをベースにした創意工夫があったのが窺われる。
     そもそも、今季はリスクマネージメントを問われるシーズンだった
     
     先発ローテーションでは、昨年の新人王・東克樹や濱口遥大の調子が上がらず、中継ぎの要だった三上朋也、砂田毅樹を欠き、パットンは自らの過ちで大事な終盤で欠場を余儀なくされた。さらに、夏場にはチームの中心である宮崎敏郎と伊藤光が怪我により離脱。
     
     しかし、この状況にあって先発では上茶谷大河、大貫晋一、中継ぎでは齋藤俊介、櫻井周斗、笠井崇正、野手では神里和毅、佐野恵太、乙坂智、伊藤裕季也、楠本泰史らチャンスを手にした中堅や若手が要所で重要な役割を果たした。また、長くファームで過ごしていた戸柱恭孝や梶谷隆幸ら実績のある選手たちが、大事な場面でラミレス監督の起用に応えることができたのも大きかった。
     
     問題があったとすれば中継ぎ陣の登板過多であろう。先発の状況が悪いと見れば早々に交代を言いわたすラミレス監督だが、その結果、エスコバーは74試合、三嶋一輝は71試合、国吉佑樹はオープナーも務め53試合とフル回転することになり、また石田健大にかぎってはシーズン中に中継ぎ→先発→中継ぎと配置転換を余儀なくされることになった。先発も含め苦しい投手事情だったことは間違いなく、このあたりが来季どのように響いてくるのか。


    采配は評価されてるけど中継ぎ運用は辛口

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1575177279/

    雑談用のページをつくりました。
    ご利用いただけると嬉しいです。
    http://lovebaystars.com/archives/4278174.html

    【【2019総括・DeNA】ラミレス采配が奏功して躍進。課題は登板過多のブルペン運用と筒香の後継者】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/12/08(日) 00:56:01.62 ID:DcIPUo190
    no title


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1575734161/

    雑談用のページをつくりました。
    ご利用いただけると嬉しいです。
    http://lovebaystars.com/archives/4278174.html

    【ラミレスが苦手阪神への対策を思いついた結果wwwww 】の続きを読む

    ramirez20160101-thumb-450x300-115348
    1: 風吹けば名無し 2019/12/04(水) 21:40:28.58 ID:7N+NxZMq0
    地味にすごい

    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1575463228/

    雑談用のページをつくりました。
    ご利用いただけると嬉しいです。
    http://lovebaystars.com/archives/4278174.html

    【ラミレス政権の横浜 通算4年 280勝279敗 】の続きを読む

    このページのトップヘ