アクセスランキング

まとめたDe

ベイスターズ情報のまとめサイトです

    カテゴリ:投手 > 今永昇太

    imanagashota20160610-thumb-450x299-130271
    1: 風吹けば名無し 2020/03/06(金) 10:40:17.34 ID:3ACCPHY60
    開幕投手決まった

    2: 風吹けば名無し 2020/03/06(金) 10:40:47.40 ID:3ACCPHY60


    反省はしながらも、今永の表情には充実感もにじんでいた。5回2死2ストライクまで無失点投球も、そこから4連打で3失点。結果を見れば満足できるものではないが、内容にはうなずいた。
    「すべての球種を使って配球パターンを確認した。三振も狙って取れたものもあったし、良かった。そこは収穫」。楽天打線相手に全球種で7三振を奪うなど球のキレは抜群だった。

     これで2年連続2度目の開幕投手が決定的になった。ラミレス監督は「ベリーグッド。いい調整ができている。全く心配していない。無失点でもおかしくない内容。もう(シーズンへ)準備はできていると思う」と信頼を口にした。

     指揮官から大役の任命権を託されている木塚投手コーチも「問題ないです。(開幕投手?)それを含めて横浜に帰ってから」と説明。6日から11日までのホーム滞在中にも正式通達されるものとみられる。
    その後、13日の日本ハム戦(札幌D)で最終調整登板し、そこから中6日で20日の巨人戦(東京D)に臨む青写真だ。

    【【朗報】DeNA、開幕投手決まる】の続きを読む

    DWC00WvV4AA_KOd
    1: 風吹けば名無し 2020/03/05(木) 10:47:47.41 ID:RwrV3hWw0
    3月20日の開幕までオープン戦は残り8試合。DeNAの開幕ローテーション入りを決めているのは現状、今永と浜口の2人だけだ。残り4枠を石田、大貫、ピープルズ、上茶谷、平良、桜井、ドラフト2位・坂本(立命大)らが争う。

     4日のオープン戦・楽天戦(静岡)に登板した大貫は2回2/3を4失点。ラミレス監督は「一歩後退してしまったところはある」と話した。

     昨季、年間を通してローテを守った上茶谷は3日の教育リーグ・ロッテ戦で4回6失点。その状態が不安視される。若手期待枠の桜井は課題の制球を克服できておらず、坂本は1日の西武戦で3回5安打3失点とプロの洗礼を浴びた。

     一方、確定とはいかなかったが、1日の西武戦で4回無失点の好投を見せた石田を指揮官は「今年一番のでき」と絶賛。現時点で3枠目を勝ち取る勢いだ。3日の楽天戦に登板した新外国人のピープルズは3回3失点だったが、次回登板も1軍戦の予定。
    最速145キロの直球やクイックに光るものがあり、ラミレス監督から「全体的に悪くなかった」と一定の評価を得た。

     中継ぎのパットンを押しのけ、外国人野手3人とピープルズで開幕を迎える可能性も十分にあるが…投手陣はやや不安が残る形となっている。

     

    【【悲報】DeNA、開幕ローテ確定は今永濱口の2人のみ】の続きを読む

    imanagashota20160610-thumb-450x299-130271
    1: 風吹けば名無し 2020/02/12(水) 14:13:50.07 ID:HL3cTs1b0

    no title


    最速14キロまで落ちた模様
    ※現在は修正済み

    【【悲報】DeNA今永昇太さん、球速がめっちゃ落ちる】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/02/01(土) 15:11:05.03 ID:8kol3tR00
    オリックス山本由伸、今永直伝のチェンジアップ磨く

    練習を終え笑顔で引き揚げる山本(撮影・前岡正明)
    オリックス山本由伸投手は春季キャンプでマイペース調整を心掛ける。「開幕に合わせて、自分で時間を使って。10日間ほど開幕が早いですけど、焦らずやっていきたい」。

    現在は「投球の奥行き」を工夫しようとチェンジアップを磨いている。「プレミア12で今永さん(DeNA)に教わった。試している段階です」。昨季最優秀防御率を獲得した男が飛躍を目指す。


    【DeNA今永、オリ山本にチェンジアップを伝授】の続きを読む

    imanagashota20160610-thumb-450x299-130271
    1: 風吹けば名無し 2020/01/15(水) 07:49:47.94 ID:jme57c/sd
     DeNAの今永昇太投手(26)が14日、母校・駒大での自主トレを公開し、“骨投球”でセ・リーグでは2003年の阪神・井川以来となる20勝左腕を目指すことを誓った。昨季、自己最多の13勝をマークした左腕は、さらなる進化を遂げるために聞き慣れない言葉を口にした。

     「筋肉ではなく骨を使うことを投球ではテーマとしてやっていこうかなと思っている。筋肉を全く意識せず、骨の関節の動きだけで投げているような。骨の長さは変わらないですし、それ(投げ方)が一定すれば再現性も高まる」

     “骨投球”に行き着いたのは「筋肉は骨の上についている。骨は力みようがないし、骨や関節を意識しながら動かせば体の内側から使える」という発想から。
    投球の中で一番意識するのは右足首を固定して垂直に上げること。そうすることで股関節や膝の位置も決まり「筋肉を使わないで骨でグッといける」と自然と力をボールに伝えることができるという。

    【DeNA今永昇太、新投球法に挑戦「骨投球」】の続きを読む

    このページのトップヘ