アクセスランキング

まとめたDe

ベイスターズ情報のまとめサイトです

    カテゴリ: パットン

    20191006s00001173370000p_view
    562: 風吹けば名無し 20/01/22(水)23:29:59 ID:5n.qv.L1


     DeNAのスペンサー・パットン投手が22日、羽田空港着の航空機で来日した。

     米テキサス州の新居の一室にジムを構え「シーズンオフは、ほとんどの時間を新しい家で過ごし、基本的にはそこでトレーニングを行いました」という。また既に2度ブルペンに入って投球練習も行い「手も肩も状態はとても良い」と順調な調整ぶりを口にした。

     昨季は降板後にベンチの冷蔵庫を殴打し右手骨折の失態も犯した右腕だが、来日4年目のシーズンへ「目標は、まず春先から良いスタートを切ること、そして終盤までペースダウンする事なく乗り切ること。来日以来最高のシーズンとなるよう努力していきます」と気合いを込めた。 


    みんな戻ってくるニュース見ると早く野球みたいわね

    【【DeNA】パットン、来日「手も肩も状態はとても良い」】の続きを読む

    110303F8-ADBD-42AB-AC07-BB87361A1CCB
    202: 風吹けば名無し 20/01/14(火)00:38:09 ID:GT.ro.L27
    https://twitter.com/jiletta/status/1216530988962078722

    これか
    いい赤身やんけ
    あと筒香の情熱大陸思い出した

    【【DeNA】パットン、すき焼きを食べる】の続きを読む

    large-b783e1b9569be69fd9ef261034f3c270
    1: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 13:43:20.18 ID:Tq0xq0Sc0
     パットンは「ツツゴウは良いチームメートで、打撃も良い。しかし、メジャーへの移行は、タフになるだろう」と語っている。

     その大きな理由は、常時150キロ後半の速球を投げてくるMLBの投手たちとの対戦だという。それについては「注意深く見守るべきだ」と語った。
    記事では「日本では、少なくとも僕のいるディビジョン(セ・リーグ)では、90マイル半ばから、後半の投球を毎日のように見ることはない。醜い変化球もね。それに対応できるかがカギだと思う
    と筒香がスピードボールや、ムービングボール、野球環境にいかに慣れ、対応できるかがポイントだと挙げている。

     過去に多くの日本人野手が挑戦したが、パットンの視点では「これまで、日本人で、アメリカにきて成功したのは、2人ぐらいしかいない。(ヒデキ・マツイとイチロー・スズキ)。あとは、現在の(ショウヘイ)オオタニ
    とマリナーズなどで輝かしい成績を残したイチロー氏やヤンキースで日本人初となるワールドシリーズMVPを獲得した松井秀喜氏、
    そして現在、“二刀流”として戦うエンゼルスの大谷翔平投手だとキッパリ。その域に入るためにはそう簡単ではないと冷静に分析している。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191222-00641121-fullcount-base

    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1576989800/

    雑談用のページをつくりました。
    ご利用いただけると嬉しいです。
    http://lovebaystars.com/archives/4278174.html

    【パットン「(筒香のメジャー挑戦は、)タフになるだろう」 】の続きを読む

    DFftbHyV0AA1_pb
    1: 名無しさん@おーぷん 19/11/05(火)01:28:45 ID:n6U

    no title

    あらいい男

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1572884925/

    【ヒゲのないパットンwwww】の続きを読む

    053_03705134
    1: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)22:14:06 ID:71s
    クールダウンしたパットンが、報道陣の前に現れた。そして極めて冷静に、極めて穏やかな表情で言った。

    パットン 今日は優しく、水を1本、冷蔵庫から取り出したよ。おいしかった。

    幼き3人のパパでもある31歳。子どもたちに語りかけるような、優しい表情で笑顔を見せた。

    熱くなるタイプ。そんな気持ちは冷却し、クールにマウンドへ上がった。実戦復帰の相手は、社会人チーム。最速145キロをマークするなど、打者3人を全て内野フライに片付け、わずか10球で仕事を終えた。「うれしかった。肩肘は問題ない。CSに向けて準備するだけ」と淡々と先を見据えた。
    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/201910020000796_m.html

    【Deパットン「冷蔵庫から優しく水を取ったよ」【なおCS1stは…】】の続きを読む

    このページのトップヘ