アクセスランキング

まとめたDe

ベイスターズ情報のまとめサイトです

    カテゴリ:投手 > 平良拳太朗

    1300031
    1: 風吹けば名無し 2020/03/24(火) 20:24:20.81 ID:igfkUN4w0
    【DeNA】平良拳太郎3回3失点もラミレス監督「間違いなく入ってくる」先発ローテ入り確定
    DeNAの平良拳太郎投手(24)の先発ローテーション入りが24日、確実になった。

     初回、2死一、二塁。外角直球をサンズに左中間席へ運ばれたが失点はこの3ランだけだった。2回以降は修正し3回4安打3失点だった。

     ラミレス監督は「直球が強い外国人選手への一発はちょっとよくなかったが、それ以外は悪くなかった。 けががなければローテに入れない理由はない。どのゲームで投げるかはわからないが間違いなく入ってくる」と当確ランプをともした。
    おめでとう!

    【【祝】DeNA平良、開幕ローテ入り決定!】の続きを読む

    1A442776-0780-463C-BAC9-740868FF588E
    558: 風吹けば名無し 20/03/07(土)16:43:16 ID:yh.85.L6
    平良はこのままローテ入りするんかね

    【DeNA平良、ローテ入り確率90%!】の続きを読む

    img_98d12749dc2ead81b36562f1a2d557b1228732
    1: 風吹けば名無し 2020/02/05(水) 06:08:07.25 ID:3vmMoWBy0
    スポニチアネックス
    侍・稲葉監督、DeNA平良の変則フォーム注目 初見の対外国人に有利

     【東京五輪へ 稲葉EYE】侍ジャパンの稲葉篤紀監督(47)は4日、DeNAとヤクルトを視察し、キャンプ2軍スタートのDeNA・平良を注目選手の一人に挙げた
    ラミレス監督との対話で「平良投手ですね。昨年から非常にいい球を投げていた。対外国人でどうなのか、という話をした」と情報収集した。

     可能性を広げ、幅広く数多くの選手を見ている。平良は昨季、夏に一時ローテーション入りし5勝6敗、防御率4.11。高低を間違わない高い制球力を評価する。
    また横手に近い変則フォームで、初見となる外国人打者相手には有利とみる。


    【DeNA平良、侍ジャパン候補へwwwwwww】の続きを読む

    1E822A76-8827-4BF1-98F9-085A19155C56
    1: 風吹けば名無し 2019/12/03(火) 13:19:22.63 ID:vF2Q5TFf0

     DeNA・平良拳太郎投手(24)が3日、横浜市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み800万円増の2100万円でサインした。
    今季は度重なる故障がありながら巨人から移籍3年目でプロ最多の15試合に登板し5勝6敗、防御率4・11だった。夏場には4連勝するなど安定していたが、8月9日の中日戦(横浜)で5勝目を挙げて以降は白星がなかった。
    来季へ向け「もう1度しっかり体を見つめ直して、けがなく投げられるようにしたい。体が硬かったので柔軟性を出せるように。下半身を鍛えたい。イニング数を投げられるようにしたい」と意気込んでいた。

    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1575346762/

    雑談用のページをつくりました。
    ご利用いただけると嬉しいです。
    http://lovebaystars.com/archives/4278174.html

    【DeNA平良、800万増の2100万で契約更改!】の続きを読む

    C0384E3B-BC89-4A49-B899-04ED705C48CA
    982: 名無しさん@おーぷん 19/11/01(金)18:23:48 ID:eq.gb.L6


    (前略)新たに2軍の指揮を執る“ハマの番長”の所信表明だ。秋季キャンプのテーマは「フィジカルアップ」。平良が腰痛で離脱するなか、若手の16人が参加、2日までの2日間は個別に体力測定を行い、シーズンを投げきれる体力作りがスタートする。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191101-00010030-chuspo-base

    しれっと平良が腰痛で離脱とか書かれてるし

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1572077604/

    【【悲報】平良、腰痛で離脱】の続きを読む

    このページのトップヘ