アクセスランキング

まとめたDe

ベイスターズ情報のまとめサイトです

    タグ:倉本寿彦

    1d5a864c
    1: 風吹けば名無し 2020/02/13(木) 23:04:50.64 ID:IOiVmipI0
    141試合 .294(534-157) 1本 38打点 2盗塁 出塁率.323 長打率.343 OPS.666

    【2016年倉本寿彦の成績wwwwwwww】の続きを読む

    kuramoto-toshihiko
    173: 風吹けば名無し 20/02/21(金)07:26:03 ID:XK.pk.L23
    やはり身体おかしくしてたか
    2016年もバテてたのに無理に出てたしなぁ



     もう後がないと臨んだ19年シーズン。倉本は開幕一軍メンバーに選ばれたものの、なかなか結果が出せず、ベンチを温める日々が続いていた。やがてチームが上昇気流に乗り出した6月5日に登録を抹消されると、しばらくは一軍から声がかからなくなった。

     夏の日。横須賀の練習場へ行くと、倉本はいつもと同じように最後まで黙々とバットを振り続けていた。練習が終われば陽が西に傾くなか、最後の1人までファンにサインをし続ける。

    「僕がファンの立場だったら、サインしてくれたら嬉しいじゃないですか」

     プロに入ってからの5年間、ずっとその姿勢は崩していない。
    「いろんな声がありますし、一軍の試合にも出られていない状況なので、気持ち的にファンの人たちの前に出づらいなぁと思う時もあります。でもそこで一歩踏み出してみると、自分が思っている以上にファンの人たちが喜んでくれて、僕に『がんばれ』と声をかけてくれる。

     その言葉やファンの人の顔が、ひとりになって、いろいろと考えてしまう時にふとよぎるんです。プロ野球選手なら、がんばらなければいけない。最後まで前を向き続けなければいけないって、本当は僕のほうが何度も助けられているんです」

     19年。倉本は出場24試合、わずか4安打とプロ入り後ワーストの成績に終わった。

    「悲しい、悔しいと嘆くよりも、自分の力で、周りを、世界を変えていくしかない。来年はすべての面において、それができるチャンスだと思っています」  昨秋。倉本は2年ぶりに宮崎のフェニックスリーグに参加した。その最終週、打席に入った倉本のバットはヘッドを頭の後ろに入れないフォームに変わった。少しでもバットの出をスムーズにしてヒットを打ちたいという願望が見てとれた。

    「フォームを変えたのは、自分の理想である、ヒットを数多く打ちたい、打率を残したいという考えに一番コンタクトできる形だからです。(細川)成也と話しているなかで試してみようと思い、実際いい感覚を掴めています。試合に出られなかったことで、必要なことは変えなければいけないけど、これまでやってきたことすべてを変える必要はない。自分の芯の部分だけはブレちゃいけないと思うんです」

     奄美での秋季キャンプでも調子の良さを持続していた。監督のラミレスは、「今の状態なら16年のキャリアハイを上回ることができるだろう」と手放しで絶賛したが、新シーズンへの確証は何ひとつとしてない。

    【やらかしても前を向く。DeNA倉本寿彦は ファン350人と握手した】の続きを読む

    kuramoto-toshihiko

    1: 風吹けば名無し 2020/02/20(木) 06:23:34.30 ID:QGpDZSaWp
    「ねえ、なんで倉本はインターネットであんなに執拗に叩かれているの?」

     ベイスターズのあるコーチに聞かれたことがある。彼だけじゃない。ここ数年で、同じように心配する人の声を幾度となく聞いた。

     17年頃からだったろうか。ネット上で倉本の守備に対する批判の声が噴出し、それは日増しに大きくなっていった。
    はじめこそ倉本に好意的でない人たちの中傷だったのかもしれない。
    だがいつしか普通のファンの間でさえ、さしたる悪気もないまま"ネタ"として面白おかしく語られるような事態になっていた。

    プロ野球選手は一般人から見れば、別世界に住む超人に思えてしまう。160キロの球を投げたり、信じられないようなホームランを打ったり。何億円もの金を稼いで、何万人もの観衆のプレッシャーにも負けず、平然と凄いプレーをやってのける。

     でも、そんな超人なんて本当はいない。大多数の選手は脳味噌が焼きつきそうな重圧の中で必死になって戦っている。ファインプレーをした夜、布団の中で思わず笑みがこぼれる日もあれば、ひとつの野次で心がズタズタにされることもある。

     倉本だって同じ人間だった。ただ違うのは、プロのグラウンドに立った以上は、どんな批判も受け容れて戦い続ける覚悟を持っていることだ。一度だけこんな話をしてくれたことがある。

    「僕、本当はメンタルが弱いんです。たぶん、人よりも。周りに見せないようにしているだけで、ミスをすると一回一回、かなり落ち込んでいます。ただ、引きずらないようにするんです。プロ野球選手として、みんなの代表として試合に出させてもらっている以上、戦う姿勢を見せなければそこにはいられない。ミスして落ち込んで終わりじゃないですからね。その後もプレーは続くし、人生だって続く。何を言われても、どんな大きな失敗があっても、諦めずに前を向き続ければ、最後には笑えると信じていますから」

     17年。日本シリーズ第2戦の舞台で、内野ゴロを好捕した柴田竜拓の送球を落として失点に繋がった大きなミス。18年、東北楽天戦。茂木栄五郎の平凡なセカンドゴロを「感覚の違い」で内野安打にしてしまい二軍落ちとなった、いわゆるボーンヘッド。

     過去、一軍戦に出始めの梶谷隆幸や宮崎敏郎が同じようなミスをやらかして二軍に落ちた時には、口々に「もう終わったと思いました」と絶望したような痛恨のミス。そんなミスの後で、倉本は何を思ったのか。


    【DeNAコーチ「ねえ、なんで倉本はインターネットであんなに執拗に叩かれているの?」】の続きを読む

    logo_primary
    944: 風吹けば名無し 20/02/19(水)16:33:45 ID:tJ.8y.L1
    2/20 名護

    (左)関根
    (中)桑原
    (右)乙坂
    (三)知野
    (遊)倉本
    (捕)髙城
    (一)山下
    (二)百瀬
    (指)益子

    ゲーム投手:井納、コルデロ、ディアス、濵口、国吉
    ゲーム参加:乙坂、山本、関根
    残留野手:森、石川、田部

    【【ファーム】DeNA2/19のスタメン 5(遊)倉本】の続きを読む

    1d5a864c
    1: 風吹けば名無し 2020/02/15(土) 02:40:44.19 ID:UNePPC/V0
     横浜DeNAベイスターズの市内萩園出身・倉本寿彦内野手(29)と茅ケ崎西浜高校出身・古村徹投手(26)が
    沖縄県内で行われている春季キャンプで、今シーズン開幕へ向けてアピールを続けている。 

     昨季はチームの2位躍進とは逆に、出場24試合に留まった倉本選手。今季こそ「レギュラー奪取」を掲げ、打撃フォーム改良に着手。
    キャンプインしてからの状態は「ぼちぼち」と話したが、今年初の実戦となった2月8日に行われた紅白戦(宜野湾)に紅組の3番・ショートでスタメン出場。
    2打席とも凡退となったが、打球の強さにオフから取り組んできた成果が着実に現れた。

    「チャンスが回ってきたときに、確実に活かせるように準備をしていく」とハマの背番号5。
    全体練習後には恒例となっている居残り練習にも取り組み、黙々とバットを振り続ける。
    「とにかく前に進むだけ」と自身6年目の開幕へ静かに燃える倉本選手。
    「まだまだこれから上げていきます」とその視線はぶれることなく、昨年の悔しさを晴らす準備を進めている。

    【DeNA倉本が開幕へ前進! 2打席凡退となったが、打球の強さがこれまでとダンチ】の続きを読む

    このページのトップヘ