アクセスランキング

まとめたDe

ベイスターズ情報のまとめサイトです。その他管理人が面白いと思った記事もまとめています。

    タグ:櫻井周斗

    logo_primary
    1: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 14:12:58.16 ID:h1uEn6sQ0
     (オープン戦、DeNA-ソフトバンク=雨天中止、8日、横浜)ソフトバンクとのオープン戦が雨天中止となり、登板予定だった桜井、
    ピープルズの開幕ローテーション入りへのアピールの機会が流れた。同じく石田が登板予定だった春季教育リーグ、楽天戦(横須賀)も雨天中止に。

    今永、浜口、平良に続く残り3枠を上茶谷、D2位・坂本(立命大)らが狙う中、オープン戦は残り5試合となり、
    ラミレス監督は「ブルペンでも、しっかりした調整が必要」と限られたチャンスでの競争を期待した。



    【DeNA、ピープルズ、上茶、坂本、櫻井から3人がローテ入りへ】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/02/21(金) 19:33:03.14 ID:/e+J4AMZ0
    キャプチャ

    神里和毅

    オースティン
    ソト
    佐野恵太
    宮﨑敏郎
    ロペス
    伊藤光
    柴田
    大和 


    https://asset.baystars.co.jp/pdf/team/camp/2020/sp2020/0222_01.pdf?_ga=2.137465337.892040032.1581648285-1645987067.1543119302


    【【DeNAオープン戦】vs楽天スタメン発表 先発櫻井4イニング!!】の続きを読む

    7CB73269-1AF9-4AA8-8F26-DCC2E2EE91DE
    1: 風吹けば名無し 2020/02/16(日) 20:38:21.01 ID:h9BK2qsw0
    筒香→オースティン
    東→櫻井
    エスコ→坂本

    うおおおおおおおおおおおおおおお

    【DeNA、筒香と東とエスコバーの穴が同時に埋まってしまう】の続きを読む

    logo_primary
    853: 風吹けば名無し 20/02/07(金)15:51:45 ID:ed.sh.L4


     DeNAはあす8日に初実戦となる紅白戦(宜野湾)を行う。1軍VS2軍として予定され、1軍の先発は3年目の桜井周斗投手が務める。

     キャッチボールなどで調整した桜井は「カーブとか試したいことを試しながら、でもアピールしないといけない。攻める気持ちを忘れずに自分の力を出して、とにかくストライク先行でいきたい」と意気込んだ。

     3日は初めてフリー打撃に登板し、首脳陣からも高評価を得ていた20歳左腕。木塚投手コーチも「自分がしっかり準備してきたことを思い切り出してほしい。楽しみです」と期待を寄せた。

     なお2軍の先発は京山が務める。

    櫻井先発やん

    【DeNA明日の紅白戦の先発が発表!一軍スタメンも!!】の続きを読む

    img_dbc14a76b3c917e35e8eda41f14ca096408896
    1: 風吹けば名無し 20/01/22(水)11:35:00 ID:F0I
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-00000104-spnannex-base

     DeNA・桜井が、先発ローテーション入りへの新兵器「バウアーカーブ」に手応えを示した。昨季は救援で1軍デビューを果たし、今季はラミレス監督から先発に指名されている左腕。昨年12月、横須賀市内の2軍施設「DOCK」を訪れたメジャー通算70勝の右腕バウアーからカーブを教わり、自主トレで磨きをかけている

     バウアーの得意とする「パワーカーブ」は普通のカーブよりも球速が速く、鋭く落ちる。桜井は詳細を「企業秘密」としたが「今まで投げていた変化球とまた違う変化。試合で使えるレベルまで持っていければいい」と目を輝かせた。

     現在は那覇市内で自主トレ中。傾斜を使っての投球練習でもカーブを投じ「感覚がいい」と明るい表情を見せた。日大三時代はスライダーを駆使し「清宮キラー」に。プロではチェンジアップの精度も上げたが、新たな武器の完全習得を狙う。

     期待のかかる高卒3年目シーズン。「先発枠を獲りにいかないといけない立場。ライバルは多いが、キャンプ初日からどんどんアピールしたい」と意欲を示した。 (町田 利衣)

    【【朗報】DeNA櫻井、メジャー70勝投手バウアーカーブ習得】の続きを読む

    このページのトップヘ